無料ブログはココログ

« スポーツファンが日本経済を救う? | トップページ | ペットボトルはきれいにしましょう »

中古テレビを輸出する

 地デジ移行まであと2年を切りました。まだ使えるテレビも、専用のチューナーが無いと映像を見ることができなくなります。地デジ対応のテレビに買い替えた際に余った古いテレビを回収し海外へ輸出する業者もこれから増えると思います。ここで気をつけなれればいけないのは、「壊れたテレビは輸出する際に『特定有害廃棄物』の扱いを受け、環境省と経済産業省の輸出許可が要る」ということです。中古テレビとして特定有害廃棄物の扱いを受けない基準は以下のとおりです。

  • 製造されてから15年以内のもの
  • 壊れていないもの
  • 輸出先が中古品として販売すること(証明書が必要)

です。中古テレビを輸出したい業者さん、中古テレビ輸出の案件を承った通関業者さんは、ぜひ当事務所へお問い合わせください。環境省・経済産業省への輸出の手続きを承ります。

« スポーツファンが日本経済を救う? | トップページ | ペットボトルはきれいにしましょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

業務」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
インドネシアと永年かかわっている者です
まだまだ経済的理由でインドネシアではテレビが各家庭に普及しておりません
日本でゴミ扱いになっています中古テレビを是非インドネシアに大量に送ってあげたいと思っております
日本でかかるであろう経費とインドネシアでの関税率がお分かりであれば教えていただければと思います
宜しくお願いいたします

松本様
日本での経費は、船積み手数料と船運賃、通関手数料となります。テレビの仕様書、相手先との売買契約書、船会社、国内運送業者との契約書を準備してください。インドネシアでの関税は、インドネシアの法律に基づき、インドネシア側での支払いとなります。必ず、環境省、経済産業省の事前確認を行ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404814/30842351

この記事へのトラックバック一覧です: 中古テレビを輸出する:

« スポーツファンが日本経済を救う? | トップページ | ペットボトルはきれいにしましょう »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

SNS