無料ブログはココログ

« インドカレーで一冊本が書けそうな勢いだ | トップページ | 行政書士法改正 »

せめて一度ぐらいは就職活動をすべき

 何の社会経験を経ずに行政書士を開業するのは危険であると考えます。自分を客観的に見る機会がなければ独りよがりになりがちです。就職活動は自分を客観的にみられるいい機会です。同業者でも、就職活動を経験された方とそうでない方では、世渡りというか処世術、人との接し方に大きな差があります。集客ノウハウを売っている方もいらっしゃいますが、もうそれ以前の問題です。「周りが自分をどう評価しているか」知る機会がないまま開業したところで、お客様にとってはお見透しなのです。「あ、この人は社会経験ないな」と。そういう方に普通何か頼むでしょうか?知識があっても付け焼刃のノウハウがあってもダメなんです。

 これから行政書士で開業しようと考えている方は今からでも遅くはありません。社会経験を積んでから開業しましょう。せめて面接ぐらいは経験しておきましょう。社会人としてのバランス感覚を養わないと、本当にお客さんが付いてきません。

« インドカレーで一冊本が書けそうな勢いだ | トップページ | 行政書士法改正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404814/55728058

この記事へのトラックバック一覧です: せめて一度ぐらいは就職活動をすべき:

« インドカレーで一冊本が書けそうな勢いだ | トップページ | 行政書士法改正 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

SNS